牡蠣と亜鉛の関係

亜鉛を多く含む身近な食品では、牡蠣が代表的です。
ただ、牡蠣は旬の時期以外、食べることがほとんどないものなので、牡蠣のサプリメントが人気になっています。
牡蠣100gあたりに、亜鉛がなんと13mgほど含まれています。一般的な摂取目安は1日15mg程度です。
このように亜鉛の含有量が多いことから、牡蠣はサプリメント化され、現代人から高い人気を得ています。

 

牡蠣は海のミルクと呼ばれているように、亜鉛以外にもさまざまな栄養を含んでいます。肝臓や健康に良い成分も含んでいるため、さまざまな悩みの改善に用いられているようです。

 

亜鉛は単体のサプリメントも販売されていますが、牡蠣サプリメントなら豊富な亜鉛とともにさまざまな栄養を補給できるため、複数のサプリを併用するより手軽で節約になるなどの理由から人気があります。

 

牡蠣自体は少々クセがあり、生ものが苦手な方はとくに食べられない人も多いかと思います。
アレルゲンでなく、ただの好き嫌いで牡蠣が苦手な人の場合は、サプリがおすすめです。
加工段階でほぼ無臭化されているものが多いので、牡蠣独特の香りはもちろん、食感もありません。簡単に牡蠣の栄養を補えるところが、牡蠣サプリメントのメリットです。